[賭ケグルイ]第6話「誘う女」 夢子と妄が命懸けのギャンブル 芽亜里の前に…

Home » ホビー » [賭ケグルイ]第6話「誘う女」 夢子と妄が命懸けのギャンブル 芽亜里の前に…
ホビー, マイナビニュース コメントはまだありません



テレビアニメ「賭ケグルイ」の第6話「誘う女」の一場面(C)河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「賭ケグルイ」製作委員会

 「月刊ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)で連載中のマンガが原作のテレビアニメ「賭(か)ケグルイ」の第6話「誘う女」が、TOKYO MXほかで12日から順次、放送される。

 第6話は、債務整理大集会で大金を手に入れても借金を返そうとしない主人公・蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)が、生徒会長・桃喰綺羅莉(ももばみ・きらり)にギャンブルを申し込もうとする。しかし、夢子に執心する美化委員・生志摩妄(いきしま・みだり)が突然現れ、「ESPゲーム」というギャンブルを持ちかける。夢子は、命懸けのギャンブルを喜々として受ける。一方、借金を返した早乙女芽亜里の前に突然、綺羅莉が現れる。

 「賭ケグルイ」は、「月刊ガンガンJOKER」で2014年3月から連載中の河本ほむらさん原作、尚村透さん画のマンガ。勉強や運動ではなく駆け引き、読心術、勝負強さなどギャンブルの強さがすべてを決める私立百花王学園を舞台に、謎多き転校生・蛇喰夢子の登場によって、学園の階級制度に異変が起こる……というストーリー。

 放送はTOKYO MX、MBS、BS11ほか。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。






コメントを残す