リベンジが合法化された世界を描く「リアル炎上『GPS』」マンガボックスで

Home » ホビー » リベンジが合法化された世界を描く「リアル炎上『GPS』」マンガボックスで
ホビー, マイナビニュース コメントはまだありません



「リアル炎上『GPS』」ビジュアル。

神谷翔太原作による紅徹の新連載「リアル炎上『GPS』」が、本日9月16日にマンガボックスにてスタートした。

「リアル炎上『GPS』」は、憎い人間への復讐が法律で認められた世界を描くリベンジサスペンス。坂木祐人は、凶悪化する犯罪の撲滅と、被害者救済の一環として制定された新たな法律「R-GPS法(アールジーピーエスほう)」により、村橋理穂のターゲットとなる。体にGPSを付けられた坂木は「殺し以外は何でもあり」のルールの中、3日間、理穂からの攻撃を受けることに。しかし逃げる坂木を追ってきたのは、理穂だけではなく……。果たして坂木の運命は。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。






コメントを残す