現場騒然は北九州という土地柄!? おもちゃの銃“発砲”した男が逮捕 – 東スポWeb

Home » ホビー » おもちゃ » 現場騒然は北九州という土地柄!? おもちゃの銃“発砲”した男が逮捕 – 東スポWeb
おもちゃ, ホビー コメントはまだありません



 お祭騒ぎはホークスの優勝だけにしといてもらいたい。福岡県北九州市小倉南区のJR下曽根駅周辺で発砲音の通報があった事件で、県警小倉南署は16日、高校生におもちゃの拳銃を向けて破裂音を鳴らしたとして、同区下曽根の職業不詳滝本孝次容疑者(55)を脅迫と暴行の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は14日午後7時45分ころ、下曽根1丁目の路上で、自転車で通行中の男子高校生2人に対して、無言でおもちゃの拳銃を突きつけ、破裂音を数回鳴らした疑い。当時、「発砲音が複数回あった」と110番通報があった。高校生にケガはなかった。

 同署によると、付近の聞き込みや防犯カメラの映像などから滝本容疑者を割り出した。現場は当時、県警による鑑識活動が行われて騒然とした。

 事件後、被害者と思われる高校生がツイッターに「火薬銃乱射してたとこチャリで通ったし」と投稿。高校生は「火薬銃」だと指摘するが、事件発生時は「銃向けられた瞬間はやばいかなって思ったよ」とも振り返っている。

 同容疑者は「おもちゃの拳銃を鳴らしたが人には向けていない」と容疑を否認しているという。

 北九州市の住民は「この地区はヤクザものが多い場所として有名だ。拳銃の発砲音がしてもおかしくはない。周囲の人々が『本物だ!』と思って強い恐怖にさらされたことは間違いない」と話している。






コメントを残す