カゴヤ・ジャパン、自社クラウドを使った音楽ステージを披露 – ITpro

Home » モバイル » タブレット » カゴヤ・ジャパン、自社クラウドを使った音楽ステージを披露 – ITpro
タブレット, モバイル コメントはまだありません



 カゴヤ・ジャパンは2017年10月11日から13日にかけて東京ビッグサイトで開催している「ITpro EXPO 2017」に出展。同社はレンタルサーバーやVPS(仮想専用サーバー)などを提供する。展示ブースで目を引くのがDJによる「KAGOYA FES 2017 ~AIとエンターテインメントを結ぶ!~」と題した音楽ステージだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 音楽ステージは来場者がタブレット端末を操作することで自分の選んだ曲を流してもらえるという企画だ。まず、来場者はタブレット端末のカメラで自分の顔を撮影する。次に、タブレットに表示された複数の楽曲から好きなものを選ぶ。すると、顔情報と楽曲が紐づいて同社のクラウドに保存される。

[画像のクリックで拡大表示]

 再度タブレット端末で自分の顔を撮影すれば、個人を特定し選んだ楽曲がDJの元に送られて再生してもらえる。同社の説明員はこのデモと似た仕組みを使うことで会社の受付業務をIT化できると話した。例えば、来訪者の顔写真と名刺情報を受付時に保存して会議録などの資料に付加しておけば、次の来訪時に資料を取り出しやすくなるというものだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 展示ブースでは同社が提供するベアメタルサーバーや2018年にベータ版の提供を開始するIoT(インターネット・オブ・シングズ)サービスについても紹介している。






コメントを残す