スマホメーカーは、なぜ「ベゼルをなくすこと」にとりつかれるのか – WIRED.jp

Home » モバイル » スマホ・携帯電話 » スマホメーカーは、なぜ「ベゼルをなくすこと」にとりつかれるのか – WIRED.jp
スマホ・携帯電話, モバイル コメントはまだありません



スマートフォンのメーカーたちは画面の枠であるベゼルをなくし、スクリーンを可能な限り大きくしようとしている。だが、何のために、どれだだけエンジニアは苦労してベゼルレスを目指しているのだろうか。

TEXT BY ELIZABETH STINSON

TRANSLATION BY MIHO AMANO/GALILEO

WIRED(US)

iPhone X

IMAGE COURTESY OF APPLE

ベゼル(画面の枠)を小さくすることへのこだわりが生まれたのは、スティーブ・ジョブズが最初の「iPhone」を紹介した2007年だという人もいる。

この初代iPhoneでは、3.5インチのタッチスクリーンが分厚い長方形のフレームで囲まれていた。だが、それはもっとずっと前、SF作家がフレームのないガラス状の長方形の電話を想像したときだと言う人もいる。

どちらにしてもベゼルは、ここ数年でほとんど消えたといっていい。現在、ほぼすべての主要なスマートフォンには、端から端までほぼ縁のないインフィニティスクリーンが備わっている。アップルの新しい「iPhone X」[日本語版記事]も、このタイプのスクリーンを採用している。

サムスンの「Galaxy S8」も、シャオミから2016年に再登場した「Mi Mix」も、あるいは、「Androidの父」ことアンディ・ルービンが2017年に発表した新しいスマートフォン「Essential」[日本語版記事]も同じだ。

「消えゆくベゼル」は正真正銘のトレンドであり、目指されているのは単なる「見た目の美しさ」だけではない。

限界を押し広げる

この10年にわたってスマートフォンは、内部については驚くべき技術的進化を遂げてきた。だがインダストリアルデザインとなると、その変化は漸進的なものだ。確かにスクリーンは大きくなり、端はさらに丸みを帯び、金属はよりピンクゴールドっぽくなった。だが結局のところ、スマートフォンは未だにただの長方形だ。

スマートフォンのデザインにとって「ベゼルをなくすこと」は、最後の未開拓分野だ。そしてそれは決してできないことではない。HPなどの企業と連携してベゼルレスなデザインを探求した経験があるデザインコンサルタント会社、ArgoDesign(アルゴデザイン)の共同創立者であるマーク・ロルストンは、「スマートフォンは実現可能なことをやり尽くし、手詰まりになった状態です」と話す。

多くのテクノロジー企業が、何年も前からオール・スクリーン・デザインの準備を進めている。9月12日(米国時間)に開催されたアップルのiPhoneイヴェントでは、ジョナサン・アイヴがヴィデオで声だけ出演し、「10年以上にわたって、わたしたちの目標は、オールディスプレイのiPhoneをつくり出すことでした」と述べた。「ユーザーエクスペリエンスのなかに物理的オブジェクトが溶け込むようなデザインを目指したのです」

だが最近まで、これはなかなか実現されなかった。センサーと前面カメラはどこかに搭載しなければならず、これまではずっと、本体の上部や下部に鎮座してきた。しかし機器の小型化によって、各企業はこうした部品を埋め込む位置についてさらに創造力を発揮できるようになり、デザイナーたちはフロントスクリーンから目障りな機能を取り除けるようになった。

例えばアップルはホームボタンをなくし、Face ID用の電子機器一式を、スクリーンの上部中心にある小さな切込みに詰め込んだ。サムスンはGalaxy 8の指紋センサーを本体の背面に移動させ、シャオミはMi Mixから通話用スピーカーを消した(筐体を通して音声を聞き取る技術を採用している)。

だが、こうした方策にも問題はある。例えばシャオミの初のスマートフォンは、音質が悪いとユーザーから苦情が上がっていた。iPhone Xユーザーは新たなジェスチャーをたくさん覚えないといけないし、この機種の最も重要な役割を顔認証技術[日本語版記事]に頼らなければならない。

Frogのクリエイティヴディレクター、イアン・リーは「スクリーンの限界を求め過ぎたことで、使い勝手にさまざまな問題が生じていると感じる人もいるでしょう」と述べる。

それでもこうしたことは、多くのテクノロジー企業が最も重要な要素と考えることのためには、払う価値がある代償だ。「重要なのはスクリーンです」と、アルゴデザインのロルストンは言う。たしかにベゼルは、スマートフォンを落としたときに守ってくれるし、手に持ったときに指の置き場所になるのでスクリーンが汚れない。だが、完全没入型のスクリーン体験を求める気持ちは、長い間こうしたメリットに勝ってきた。

スクリーンを見ている時間

ベゼルレスのスマートフォンの最も明らかなメリットは何だろうか。スクリーンが大きくなれば、写真や動画の表示スペースが広がる。インダストリアルデザインの有力企業NewDealDesignの創立者であるガディ・アミットは、「電話会社や携帯電話メーカー、そしてグーグルやアップルなどのプラットフォームは、さらに多くの動画を提供することに強い関心をもっています」と述べる。「動画はより魅力的なコンテンツです。人々は動画視聴に、より長い時間を費やします」

ガジェットは絶えず、「もっといいもの」へと買い替えられている。スマートフォンは「テレビのように見えること」、テレビは「映画のスクリーンのように見えること」を目指している。だが、スマートフォンには本質的な制約がいくつもある。手は大きくならないし、ポケットもしかりだ。新しいiPhone Xのスクリーンは5.8インチ。iPhone 8 Plusのスクリーンは、縦も横も大きくなったが5.5インチしかない。

「iPhone Plusのスクリーンは、全体的にはより小型のスマートフォンのフォームファクターで実現されています」とデザインコンサルタント会社のArtefactでデザインディレクターを勤めるホルガー・クーンルは語る。インダストリアルデザインの改良がこれほど少しずつしか進んでいないスペースでは、これは相当な改善と言える。

スマートフォンはこれ以上大きくなれないところまで達し、スクリーンも最大になったいま、次は何が起こるだろう。まず、スマートフォンにはまだベゼルが残っている。「わたしが『ほとんどベゼルのないスマートフォン』と呼ぶのには理由があります」と、Frogのリーは言う。

よく見れば、インフィニティスクリーンを搭載したどのスマートフォンも、スクリーンと本体の間に、これらをつないでいる薄い層があることがわかる。有機ELスクリーンが湾曲しているので、そのつなぎ目はほんのわずかだが、あることはある。

理論上の次のステップは、スマートフォンからベゼルを完全に取り除き、そのかわりに平たいガラス製のスクリーンにあらゆる電子機器を詰め込むことだ。奇妙に聞こえるかもしれないが、各企業はすでにこの構想に取り組んでいる。

「360度スクリーンも夢ではありません。最初に中国製のAndroidスマートフォンから登場することを期待しています」と、アルゴデザインのロルストンは語った。

だが差し当たっては、アップルやサムスンなどの企業がこれからも、ベゼルを1ミリずつ削っていくだろう。スクリーンがすでにスマートフォンの幅いっぱいまで広がっていて、使用できるスペースはほぼ残っていないことなどどうでもいいのだ。

スマートフォン開発では、こうしたうんざりするほど微細なエンジニアリング作業が延々と行われている。彼らは魔法にかけられたように、ベゼルをなくすという目標に吸い寄せられているのだ。






コメントを残す