iPhone/iPadの「Siri」を静かに使いこなせる“タイプ入力” – 窓の杜

Home » モバイル » iPhone » iPhone/iPadの「Siri」を静かに使いこなせる“タイプ入力” – 窓の杜
iPhone, モバイル コメントはまだありません



 2017年10月にリリースされたiOS 11へは、もうアップデートしましたか? 本連載では、iOS 11で利用できる機能を厳選し、iPhone&iPadをさらに使いこなすためのヒントを紹介します。(ここではiOS 11.0.3で操作しています。)

 話しかければ音声で答えてくれる「Siri(シリ)」は便利ですが、発声できないシーンでは困ってしまいますよね。そんな時はテキスト入力で解決しましょう。Siriからの返答の音声もOFFに設定しておけば、完全に無音で「Siri」を操作できます。

[設定]-[一般]-[アクセシビリティ]-[Siri]の画面で設定する。[Siriにタイプ入力]のスイッチで、「Siri」にテキスト入力できるようになる。[着信スイッチで制御]を選択しておけば、本体側面のスイッチ・OFFで「Siri」からの返答が無音になる

[Siriにタイプ入力]が有効の場合は、「Siri」でキーボードが表示される

テキスト入力で「Siri」への問いかけできる

[着信スイッチで制御]を選択し、本体側面のスイッチ・OFFにしておけば、「Siri」からの応答も無音になる

 [Siriにタイプ入力]を有効にして普段はテキスト入力、音声入力したくなった時はキーボードのマイクボタンをタップして音声入力するという使い方もおすすめです。ここでは、経路検索をしてみました。「Siri」からの応答により、「マップ」アプリが起動、そのまま経路の案内もスムーズです。なお、iOS 11から建物の屋内案内など、「マップ」アプリの機能も大幅に強化されました。「Siri」との連携とあわせて活用してみてはいかがでしょうか。




「Siri」から経路検索した結果。[マップ]アプリとのスムーズな連携は他アプリよりも利便性が高い

【iOS 11】「ファイル」アプリの新機能一覧



コメントを残す