新iPhoneで画面上の「凹」は小さくなる? – livedoor

Home » モバイル » iPhone » 新iPhoneで画面上の「凹」は小さくなる? – livedoor
iPhone, モバイル コメントはまだありません



iPhone X』の特徴の1つである画面上の出っ張りが、早ければ今年発売されるiPhoneで小さくなるかもしれません。

わずかに小型化?

iPhone Xの画面上に出っ張りがある理由は、その部分にTrueDepthカメラやFace IDに利用するセンサーが搭載されているからです。

金融企業Barclaysのアナリストによる予測を入手したウェブサイト『Mac Rumors』によれば、Appleは2018年の新型iPhoneに向けて新しいセンサーを準備しています。

この新しいセンサーは現在のものよりも小型で、アナリストはiPhoneの画面上にある出っ張りがわずかに小さくなると予測しています。具体的な数値は不明です。

AppleはiPhoneの画面サイズを対角線の長さに基づいて表記しているので、出っ張りが小さくなったとしても仕様上の画面サイズに変化はないでしょう。

これとは反対に、開発・製造難によって発売が遅れる事態を防ぐため、TrueDepthカメラ・Face IDのセンサーの世代交代は2019年以降になる、という予測も報じられています。

© 2018 Apple Inc.

参考

Barclays Says Second-Generation iPhone X Could Have Smaller Notch – Mac Rumors






コメントを残す