ラディウス、iPhoneでのハイレゾ再生に対応したワイヤレスmicroSDカードリーダー「RW-WPS11」 – PHILE WEB

Home » モバイル » iPhone » ラディウス、iPhoneでのハイレゾ再生に対応したワイヤレスmicroSDカードリーダー「RW-WPS11」 – PHILE WEB
iPhone, モバイル コメントはまだありません



ラディウスは、iPhoneからのハイレゾ再生に対応したワイヤレスmicroSDカードリーダー「RW-WPS11」を2月22日より発売する。価格はオープンだが、19,980円前後での実売が予想される。カラーはホワイトとブラックを用意。


「RW-WPS11」(ホワイト/ブラック)

本機はすでに販売中の「RW-WPS01」も同仕様で、量販店のオーディオ売り場などで展開される。


利用イメージ

5GHz帯/2.4GHz帯の無線通信に対応した、ポータブルタイプのワイヤレスmicroSDカードリーダー。iPhoneから、本機に挿したmicroSDカードの内容を閲覧し、音楽をワイヤレスで再生できる。iPhoneとは1対1で通信を行う方式で、同社は「通信量を気にせずクラウド感覚で、大容量のハイレゾファイルをいつでもどこでもiPhoneから再生できる」と紹介している。

また、ワイヤレスでiPhoneと通信するため、Lightning端子にはイヤホンやheadphoneアンプを接続して使えることもアピールしている。

同社が手がけるハイレゾ再生アプリ「NePLAYER」にも対応。通常ではアプリ内課金しないとハイレゾ再生ができない「NePLAYER Lite」においても、本機と接続している場合は課金なしでハイレゾ再生ができる。ハイレゾ音源は192kHz/24bitまでワイヤレス再生できる。

moraやe-onkyo music、ototoyなどで購入したハイレゾ音源を、NePLAYER/NePLAYER Liteを使って本機に直接保存することも可能となっている。

家庭内ネットワークに本機をワイヤレス接続することで、NASに近いイメージで使用することができる。パソコンからSMBでアクセスすることも可能だ。

なおmicroSD内に保存した書類や動画データは、ファイル管理アプリ「DATA-BOX」で表示、再生が可能だ。

また本機とiPhoneを接続しながらでも、端末の通信回線を使用してインターネットに接続して、メール受信やホームページの閲覧を行うことが行える。本機を家庭内ネットワークに接続する際も、家庭内ネットワーク経由でインターネットに接続することができる。

対応機種はiOS 9.0 以降を搭載したiOS端末(アプリ使用時)、Windows 10、Windows 8.1、Windows 7、Mac OS 10.9 以降。対応メディアはmicroSD、microSDHC、 microSDXCで、容量は4GB〜256GBが推奨されている。対応フォーマットはNTFS、FAT32。

無線規格はIEEE802.11ac/a/n(5GHz)、IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)。バッテリー容量は1,400mAhで連続音楽再生時間は5GHz時で約8時間、2.4GHz時で約9時間となる。






コメントを残す