“破壊不能”のiPhoneケーブルは本当に破壊不能なのか

Home » モバイル » スマホ・携帯電話 » “破壊不能”のiPhoneケーブルは本当に破壊不能なのか
スマホ・携帯電話, モバイル コメントはまだありません



 iPhoneケーブルはすぐ使えなくなる

※メーカーの許可を得たうえで検証を行っております

iPhoneケーブルはすぐに駄目になるのが悩みどころです。同梱されているオフィシャルのケーブルでさえ数ヶ月も保ちません。安価な互換ケーブルなどは、買ったその日に駄目になることもあります。

そんな時に目に付いたのが、「TITAN」(タイタン)というLightningケーブル。ネットショップでは4600円前後で販売されていました。アメリカのFuse Chickenというメーカー製で、国内では、日本ポステック株式会社が代理店となっています。

タフネスLightningケーブル「TITAN」です。実売価格は4600円前後

タフネスLightningケーブル「TITAN」です。実売価格は4600円前後

ケーブル長さは1mのものと、24.5cmの「TITAN LOOP」の2種類。まずは、1mのケーブルをテストすることにしました。重量は132gで、スチール製です。

MFI認証取得しているのも安心なポイントと言えます。MFI認証は「Made for iPod/iPhone/iPad」の略でAppleから正式にライセンスを取得して販売していることを表します。そのため、OSをアップデートしても使えなくなるということがありません。

見た目はスチールの編み目で確かにタフ。でも、目を引かれたのはパッケージです。なんと「The Toughest Cable on Earth」と書いてありました。「地球上で最も頑丈なケーブル」と明記してあるのです。

背面には「Everything Proof」と書いてあります。凄い自信です。iPhone 5~6に対応すると書いてありますが、もちろんiPhone 7でも利用できます

背面には「Everything Proof」と書いてあります。凄い自信です。iPhone 5~6に対応すると書いてありますが、もちろんiPhone 7でも利用できます

開封するとずっしりとした手応え。確かに頑丈そうです。早速カッターでカットしてみましょう。はい、手応えありません。では、出刃包丁を使ってみます。大きな魚の骨もざくざくいけるタイプです。手前の太いところを思いっきりたたき込んでみました。びくともしません。刃が食い込んでいる感覚もなし。がんがんたたいていたら、高価な包丁の刃が欠けました

これはプロに研ぎに出さないと駄目ですね。ケーブルは無事で、もちろん充電できます。

それではということで、新品ののこぎりでもチャレンジ。がりがり音がします。ほんの少し刃が立っているような気がします。ケーブル表面を指でなぞると少し毛羽立っているようです。傷が付きました! しかし、まったく切れる予感はしません。

とは言え、実はメーカーのページに電動チェンソーを当てても切れない動画がアップされているので、刃物では無理かな、と思っていました。では次々とテストしていきます。

普通のケーブルはあっという間に壊れてしまいます。もちろん、カッターで簡単に切れます

普通のケーブルはあっという間に壊れてしまいます。もちろん、カッターで簡単に切れます

カッターでガリガリやりますが歯が立ちません。最後はカッター二刀流でがんばりましたが無理でした

カッターでガリガリやりますが歯が立ちません。最後はカッター二刀流でがんばりましたが無理でした

出刃包丁でがんがん叩きますがびくともしません

出刃包丁でがんがん叩きますがびくともしません

新品ののこぎりは少し刃が感じましたが、いくらやっても切れませんでした

新品ののこぎりは少し刃が感じましたが、いくらやっても切れませんでした

 ケーブルをハンマーで叩きつける(1回目)

ケーブルそのものが丈夫なのはわかりました。でも、そうするとコネクタ周りがボトルネックになりそうです。実際、通常のiPhoneケーブルもコネクタの付け根から壊れることが多いように感じます。たぶん、手で引っ張ったくらいではなんともならないような気がします。そこで、ケーブルの中程を持ち、コネクタを地面にこれでもかと叩きつけます。

傷一つ尽きません。充電もできます。

一番弱そうなUSB端子の挿入部分を思いっきり押しますが、変形しません。他のデバイスならすぐにぐにゃっと曲がり、挿入できなくなります。じゃぁ、ということでコネクタをハンマーでたたいてみます。もちろん、手加減します。あれ、手加減しすぎたのでしょうか、問題ありません。少し強くしてみましたが大丈夫です。これは凄い。

でも、本気で叩くのは後回しにします。いつかは絶対壊れるので、残りのテストを続けたいと思います。

ケーブルを地面に叩きつけます

ケーブルを地面に叩きつけます

コネクタ部分をいじめてみます

コネクタ部分をいじめてみます

ケーブル部分をハンマーで叩きます

ケーブル部分をハンマーで叩きます

コネクタ部分をハンマーで叩きます

コネクタ部分をハンマーで叩きます

ケーブルをどろどろに溶かした樹脂の中に浸ける

では、次のステージへ。熱を加えてみましょう。神奈川にある工場にお邪魔して200度に熱した樹脂の中につけ込んでみました。その後、水につけて急速冷却。はい、問題ありません。

では、ケーブルに付いた樹脂を溶かしてみることにします。葉巻用のガスライターであぶります。外装はたぶん大丈夫だと思いますが、中身はどうでしょう。ぽたぽたと樹脂が垂れてきましたが、数分炙ります。

充電、問題なくできます。

工場の協力を得て、200度に熱した樹脂の中につけ込みます

工場の協力を得て、200度に熱した樹脂の中につけ込みます

200度のお風呂につかってもらいます

200度のお風呂につかってもらいます

樹脂がコーティングされました

樹脂がコーティングされました

水で急冷します

水で急冷します

ガスライターで炙って樹脂が溶けるまで熱します

ガスライターで炙って樹脂が溶けるまで熱します

ケーブルが自立するほど強く、目立つこと間違いなし

笑ってしまうほど、とても丈夫です。しかも、ある程度の剛性があるので、ケーブルが自立します。iPhoneを装着しても大丈夫です。ケーブル部分を持って操作できるのです。

筆者はスマホを超ヘビーに使うので、バッテリーが1年保ちません。そのため、すでにiPhone 6sでゲームをしていると手で持てなくなるほど熱くなります。そんな時、このケーブルがあると助かります。ケースを付けるよりも快適にプレイできます。

また、話題性も十分です。外出先で充電したら、必ず話しかけられることでしょう。おじさんなら、一発ネタとして持っておくだけでも価値があります。

ただし、1シーンだけ使いにくい時があります。それは寝るとき。ベッドの中で寝るまでiPhoneでゲームをするのですが、TITANだと動きにくく邪魔です。とは言え、ケーブルを外したまま寝落ちしてしまうと、翌朝バッテリー切れ、もしくはアラームが鳴らずに大惨事です。そのため、寝室での利用には向いていないかもしれません。

火傷しそうに熱くなるiPhone 6sですが、本体に触らず操作できます

火傷しそうに熱くなるiPhone 6sですが、本体に触らず操作できます

何か話題が欲しくなったらおもむろに充電して、話しかけてもらいましょう。写真は五反田のコワーキングスナックでどや顔した時のものです

何か話題が欲しくなったらおもむろに充電して、話しかけてもらいましょう。写真は五反田のコワーキングスナックでどや顔した時のものです

ベッドの中の利用は、ケーブルが固くて動きにくく、適していません

ベッドの中の利用は、ケーブルが固くて動きにくく、適していません

ハンマーで思いっきり叩く(2回目)

さて、では思い切ってやりましょう。TITANを強く引っ張りながら結んでボールにして、コンクリートに投げつけました。通常のケーブルであれば、結んだ時点でアウトだと思います。次は、コンクリートにむち打ち100回です。近隣の人に見られたら通報されかねません。それでも、問題なく充電できます。

そこで、再度ハンマーの出番です。コンクリートに置いたケーブルを思いっきり乱打します。角度によって、ケーブルがへこんでる手応えがあります。樹脂部分を叩いていると、削れていくのもわかります。

ケーブルがつぶれたところ、曲げても曲がらず元に戻ってしまうようになりました。1カ所ならともかく、何カ所もつぶしたら使いにくくなるでしょう。樹脂も削れていますね。金属端子部分にも何度かヒットしたはずですが、形が変わっていません。

結果、充電できました。広告みたいですが、ホントです。笑ってしまいました。本当に丈夫ですね。寝室以外の部屋やアウトドア用、車載用に揃えたくなりました。アップル純正のLightningケーブル1mは、2376円(税込み)。約2倍の金額で同じ長さのTITANケーブルが変えると考えると、安いものです。

もし、Lightningケーブルの耐久性に落胆しているなら、一度試してみることをお勧めします。




コンクリートにむち打ち100回

コンクリートにむち打ち100回

ハンマーで思いっきり叩くとケーブルがつぶれる手応えがありました

ハンマーで思いっきり叩くとケーブルがつぶれる手応えがありました

樹脂を強く叩けば、当然削れていきます

樹脂を強く叩けば、当然削れていきます

つぶれたところは曲がらなくなります

つぶれたところは曲がらなくなります

樹脂が削れました

樹脂が削れました

ケーブルは曲がりにくくなり、端子に挿しにくくなりましたが、それでもまだ充電できています

ケーブルは曲がりにくくなり、端子に挿しにくくなりましたが、それでもまだ充電できています

日本ポステック iPhone用ライトニングケーブル TITAN シルバー



コメントを残す