画面を黄色で塗りつぶそう。スマホ向けパズルゲーム「yellow」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1441回 – 4Gamer.net

Home » モバイル » スマホ・携帯電話 » 画面を黄色で塗りつぶそう。スマホ向けパズルゲーム「yellow」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1441回 – 4Gamer.net
スマホ・携帯電話, モバイル コメントはまだありません



yellow

スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,スマホ向けパズルゲーム「yellow」iOS / Android)を紹介しよう。

本作は最後まで無料で遊べるが,240円(税込)のプレミアムモデルも用意されている
yellow yellow

 本作には,黒と黄色を基調にデザインされた全50ステージが存在し,プレイヤーは“画面を黄色で塗りつぶす”ことで,ステージを進めていく。

ステージごとにデザインがまったく異なっている
yellow yellow

 本作が特徴的なのは,共通のパズルルールが存在しないことだ。各ステージにはそれぞれ異なるルールが用意されており,スワイプを使ってオブジェクトを動かすものや,タップ操作がカギを握るものなど,プレイヤーは画面内の挙動を頼りに法則を見つけ出し,クリアを目指していく。

錨を回転させるルール,「YO!WELL?」の文字を順番に押すルールと,すべてのステージで法則が異なる
yellow yellow

 ゲームは第1ステージからスタートし,クリアすると次のステージへ進める。プレイ中は動画広告の視聴でヒントを見ることもできるので,どうしてもルールが見つけられない場合は活用しよう。

画面下部に表示されるヒントを頼りに解法を探ろう。なお,プレミアムモデルには広告の非表示機能が備わっている
yellow yellow

 ルールに従ってプレイすることよりも,いかなるルールなのかを見極めることに重点が置かれた本作は,一味違うパズルゲームを遊んでみたいという人にオススメだ。




著者紹介:H.H
 ゲーム系分野で活動中のフリーライター。現役アーケード格闘ゲーマーで,日々ゲーセンで第一線級のプレイヤー達と凌ぎを削っている。コンシューマやスマホアプリでは,ジャンルを問わずに面白いゲームなら何でもやる雑食系。



コメントを残す