小城高生がタブレットで新聞の感想投稿|佐賀新聞LiVE – 佐賀新聞

Home » モバイル » タブレット » 小城高生がタブレットで新聞の感想投稿|佐賀新聞LiVE – 佐賀新聞
タブレット, モバイル コメントはまだありません



 佐賀新聞社が募集し、高校生を対象に新聞記事の感想などが投稿できる「高校生も言いたい!伝えたい!」に、小城市の小城高校(永田彰浩校長)3年生231人が13日、挑戦した。タブレット端末を使って新聞記事を読み、それぞれ意見を投稿した。

 大学受験の小論文指導のほか、NIE(教育に新聞を)授業やICT教育の一環で実施した。生徒らは「社会について言いたいこと」をテーマに、佐賀新聞の電子版から原発や豪雨災害など気になる記事を読んで自分の意見を述べた。

 原発について意見を投稿した平ひかるさん(17)は「玄海原発の再稼働の動きについて不安な思いを投稿した。自分の意見を述べる場があまりないので、いい機会になった」と話した。永田校長は「一つの意見だけでなく対照的な記事を読み、自分の意見をしっかり持ってほしい」と語った。24、25日には1年生を対象に授業を予定している。

 佐賀新聞社は県内の高校生(専門学校生、留学生を含む)を対象に、新聞記事の感想や意見をはじめ、部活動の紹介、友人や父母など身近な人へのエール、伝えたいこと、それらに関連する写真を募集している。投稿は選考の上、毎月上旬に紙面やウェブサイト「佐賀新聞LiVE」で紹介する。

 投稿は佐賀新聞のウェブサイトで受け付けている。サイト内の「特集・連載・オピニオン」から「メディアティーンズさが」に進み、「高校生も言いたい!伝えたい!」のバナーをクリックして投稿。問い合わせは佐賀新聞社メディアコンテンツ部、電話0952(28)2162。

★電子新聞に動画 登録、即利用可、翌月末まで無料の電子版の申し込みはこちら






コメントを残す