ケンタッキー、中国進出30周年を記念したオリジナルスマホを限定5000台販売 – Yahoo!ニュース 個人

Home » モバイル » スマホ・携帯電話 » ケンタッキー、中国進出30周年を記念したオリジナルスマホを限定5000台販売 – Yahoo!ニュース 個人
スマホ・携帯電話, モバイル コメントはまだありません



ケンタッキー・フライドチキン(KFC)が中国に進出したのが1987年。天安門事件の2年前で冷戦末期の中国にとってアメリカのファーストフードの代表であるKFCの進出は画期的だった。現在では中国全土で7,600店舗以上となり、中国のあらゆるところで見かけるKFCだが、今年で30年を迎える。

そのKFCが30周年を記念したオリジナルスマホ「Enjoy 7 Plus」を2017年7月13日から限定5,000台で販売。中国最大のスマホメーカーHuaweiが製造。Android 7.0をベースにした仕様としては普通のスマホで、価格は1,099人民元(約18,000円)と現在の中国のスマホ市場では一般的な価格帯で、決して高価な端末ではない。

「オリジナルアプリやクーポンも」これからのスマホの差別化要因

真っ赤なスマホで、背面にお馴染みのカーネルサンダースと「ニーハオ1987」と書かれている。さらにKFCのオリジナルアプリも搭載。「K-MUSIC」のボタンをKFC店舗で起動すると、店内に流れている音楽を変更できるようだ。イメージ動画では誕生日を祝う音楽を流している。またKFC店舗で利用できる「K-dollar」というポイントもチャージされている。

中国では、都市部では誰もがスマホを所有している。コモディティ化してしまったスマホはもはや飽和状態だ。特にOPPOやvivoなどの低価格のスマホが大量に販売されており、端末ごとの差別化はほとんどなくなってしまった。それは中国だけでなく、先進国ではほとんどが同じ状況だ。

今後は、店舗との共同開発やイベントに合わせての限定販売など、このようなオリジナルなデザイン、特別のアプリ、クーポンなどを搭載した「企画スマホ」が差別化要因になる。低価格スマホはそのような路線でしか生き残る道は難しい。



コメントを残す