【山口和幸のツール・ド・フランス日記】海外でスマホを使うときは無料Wi-Fiで賢くアクセス – CYCLE

Home » モバイル » スマホ・携帯電話 » 【山口和幸のツール・ド・フランス日記】海外でスマホを使うときは無料Wi-Fiで賢くアクセス – CYCLE
スマホ・携帯電話, モバイル コメントはまだありません



日本で愛用するスマホを海外旅行に持っていくとき、ポケットWi-Fiをレンタルしたり、有料のデータ通信を契約したりするが、駅や公園、観光案内所などでは無料でアクセスできるWi-Fiが設置されているので、お金をかけずに使うこともできる。

例えばソフトバンクの世界対応ケータイを申し込み、データ通信の「海外パケットし放題」をフランスで使う場合、1日最大2980円かかる。日本の空港でポケットWi-Fiをレンタルすると1週間で最安値3500円ほど。データ通信料は無制限でなく、規定の期間中に設定量を超えると使えなくなるなどの現象も。

お金を一切かけないなら現地のホテル、レストラン、駅、博物館や公園などの公共施設、観光案内所などで無料Wi-Fiにアクセスするのがオススメ。

フランスでは国鉄や博物館、公園などでもWi-Fiが無料で使える

スマホの「モバイルネットワーク設定」で「4Gを利用する」という項目のチェックを外しておけば、電波を介してインターネット接続してしまう海外ローミングができなくなる。その上で「設定」の「Wi-Fi」を押して、その位置で拾えるWi-Fi電波を選択する。鍵がかかっているときは暗証番号が必要で、ホテルのフロントやレストランの店員に「Wi-Fiにアクセスしたいのでパスワードを教えて」とお願いすれば教えてくれる。

じつは鍵がかかっていないWi-Fi電波のほうがアクセスが難しい。キャッチしたWi-Fiを選択したのちに、ブラウザを立ち上げる。キャッシュが残っていて最後に閲覧したホームページが表示されたときは、リフレッシュ(再読込)をする。

こうすると無料Wi-Fiサービス画面が表示されるので、所定のやり方でアクセスするとWi-Fiが接続されるのだ。メールアドレスを要求するサイトもあるが、これまでの経験上自分のメアドを入力するとその後スパムメールが増えるような気がする。メイン使用のメアドを使わないか、あるいは適当にアルファベットを入力しても問題なく使えるので。






コメントを残す