ドコモが高齢者向けスマホ教室 NTTのOBと連携「便利さ訴求したい」 (1 … – SankeiBiz

Home » モバイル » スマホ・携帯電話 » ドコモが高齢者向けスマホ教室 NTTのOBと連携「便利さ訴求したい」 (1 … – SankeiBiz
スマホ・携帯電話, モバイル コメントはまだありません



 NTTドコモは、NTTグループOBでつくるNPO法人(特定非営利活動法人)と連携し、高齢者向けスマートフォン教室を全国で開催する方向で調整している。携帯大手3社でも顧客層の高齢者比率が最も高いドコモは、高齢者からスマホ操作に関する助言などを求められることが多いが、若い世代のショップ店員は親身な対応がしにくい。同世代でITに強いNTTのOBが教えることで、より充実したサポートにつなげていく考えだ。

 NTTのOB会メンバーでつくる高齢者の就業などを支援するNPO法人「アクティブシニア支援機構」(東京)が、ドコモから回線やスマホの提供を受けた上で全国の公民館などでスマホ教室を無料で開く。14日には高齢者にスマホやパソコンなどを教える資格を取得したドコモ子会社の元社長で同機構の星沢秀郎さん(68)が、試験的に機構メンバー向けに教室を開いた。

 星沢さんは「高齢者はスマホの操作で困ってショップに行っても何をどう聞けばいいかも分からない。特に男性は見えもあって若い店員に聞きにくい」と指摘。「昔の電化製品と違ってスマホは画面などを触っても壊れないことを教えたい」と話した。

「教室を開くことでスマホの便利さを訴求したい」






コメントを残す