スマホの指紋認証から浮気がバレるのを防ぐ簡単テクニック – 日刊アメーバニュース

Home » モバイル » スマホ・携帯電話 » スマホの指紋認証から浮気がバレるのを防ぐ簡単テクニック – 日刊アメーバニュース
スマホ・携帯電話, モバイル コメントはまだありません



芸能人の不倫が次々とスクープされ、不倫の恐ろしさが改めて知らしめられている。不倫がバレるきっかけになりやすいのがケータイやスマートファン。フリーライターのキンマサタカ氏がつづった『文春にバレない密会の方法』(太田出版)では、「ケータイからの浮気バレ」を防ぐ簡単なテクニックを紹介している。

【寝る前にスマホを再起動しろ】

寝ている間にケータイを解錠されたら……。誰もが抱く不安だ。ケータイを常にクリーンな状態に保てれば問題はないが、そうもいかない。人間だもの。何かしらの証拠を残してしまっているに違いない。密会をしている人間は息をするだけで、そのため息のつき方ひとつで浮気がバレてもおかしくないという。人はやましいこと、嬉しいこと、楽しいことを完璧に隠し通すのは不可能なのだ。

話を元に戻す。スマホのロックの多くはパスコードであるが、最近では指紋認証も一般的だ。アプリなども指紋で簡単に認証&購入できる。便利なのはいいが、寝ている間にスマホに指を当てられたら、簡単に開いてしまう。となると指紋認証を使わないのがベストだが、便利だしそうもいかない。だが、この不安は簡単に解決できる。寝る直前にスマホの電源を一度切って再起動するのだ。

再起動後は指紋認証だけではケータイは解錠できない。つまり寝ている間にスマホのロックを解除しようとすると、必ずパスコードの入力を求められる、というわけだ。

【スマホの指紋認証は第一関節で】

芸能人不倫のLINEのやり取りが流出した際、「指紋認証がアダになった」と世間で囁かれたことがある。確かに寝ている間に、そっと相手の指をスマホに押し当てれば、いともたやすく解錠できる。

iPhoneやAndroid の指紋認証は5回間違えるとパスコード無しではロックが解除できなくなる。逆に言えば、日数さえかければ、左右全部の指を試されて解錠される可能性があるわけだが、このリスクを回避する方策はいくつかある。

普通なら使わない指を登録すること。特に小指は、寝ている間につかまれるだけで、反射的に自然と指を巻き込むので、違和感を覚えて目を覚ます可能性が高い。ただ、泥酔していたら気づくかどうかは保証できない。

最良の選択は、親指の第一関節のあたりを登録することだ。指紋認証は皮膚の模様ならどれでも登録できる。つまり、指紋以外の場所でも認証できるのだ。これのメリットは、普通の指紋認証と同じ一連の動作で認証できるため、はたから見ても違和感がないこと。まさか指紋以外で認証しているとは思いもしないだろう。

◆『文春にバレない密会の方法』/キンマサタカ・著/太田出版/1111円+税

【関連リンク】
文春にバレない密会の方法

【関連記事】
京大発のカンニング検出システム どうやって不正を見つけ出す?
名作『BTTF』 当初のタイトルは「冥王星から来た宇宙人」だった
『きょうの料理』 レシピの企画は放送の半年前から準備
エビ中・真山りか 「ファンの人の前では絶対に弱音は吐かない」






コメントを残す