スマホで「逃げた猫」捜し 試してみたら便利 – 日経ビジネスオンライン

Home » モバイル » スマホ・携帯電話 » スマホで「逃げた猫」捜し 試してみたら便利 – 日経ビジネスオンライン
スマホ・携帯電話, モバイル コメントはまだありません



自由な猫の動きを電波でキャッチ

2017年7月18日(火)

 日本国内の飼い猫数は増え続け、約985万頭と1000万頭に迫る勢いだ。その約7割が外に出さず飼う“室内飼い”とみられているが、飼い主の一瞬の不注意で家から出てしまったまま戻れなくなる“迷子猫”もまた増えている。またどんなに注意をしていても、震災などが起こったとき、飼い猫とはぐれてしまう事態に不安を抱く飼い主も多い。

 オープンストリーム(東京都新宿区)は、行方が分からなくなった猫をIT技術で捜索する“ねこさがしIoTサービス”「ねこもに」を開発。2017年6月19日に機器を発売し、サービスを開始した。Bluetoothの電波強度を手掛かりに、統計的なアルゴリズムにより飼い猫の位置を推定し、探索をサポートするサービスだという。

「ねこもに発信機」(実勢価格6900円)。通信有効距離は最大約75m(実測値。接続機器・使用環境に依存する)

[画像のクリックで拡大表示]

「ねこもに発信機ケース」(実勢価格1200円)

[画像のクリックで拡大表示]

 「ねこもに」は、猫の首輪に付ける発信機と、iPhoneのアプリで構成されている。あらかじめスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、飼い猫に発信機付きの首輪を付けておく。猫が逃げ出した場合、スマホのアプリを起動。通信有効範囲である最大半径75m(実測値)内に猫がいれば、発信機が放出するBluetoothの電波をスマホがキャッチし、スマホの地図画面に猫がいる可能性の高い位置を表示してくれる。

ケースに入れたねこもに発信機を、首輪に付けて猫に装着させる

[画像のクリックで拡大表示]

ねこもに発信機はケース無しでも装着させられる

[画像のクリックで拡大表示]

 筆者宅にも猫がいるが、元ノラのせいか外への興味が強く、戸締まりを厳重にしていても脱走の不安がぬぐえなかった。そのため「ねこもに」が2016年10月に発表されてから発売を心待ちにしていたが、本当に離れ離れになった猫を捜せるのか、疑問もあった。そこで発売直前の「ねこもに」を借りて、実際に試してみた。

「ねこもに」スマホ画面。迷った場所をしばらく歩き、猫の位置情報をキャッチすると、猫がいる可能性が高い場所が黄色やオレンジになり、猫との距離が画面右に表示される

[画像のクリックで拡大表示]

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます






コメントを残す