イヴ・ベアールが考える「ゲーマーのためのスマホ」 米スタートアップの“夢”は実現するか – WIRED.jp

Home » モバイル » スマホ・携帯電話 » イヴ・ベアールが考える「ゲーマーのためのスマホ」 米スタートアップの“夢”は実現するか – WIRED.jp
スマホ・携帯電話, モバイル コメントはまだありません



シャキーラやネイマールといった大物がサポートしているハードウェアスタートアップのWonderが、デザイナーのイヴ・ベアールと組んで「ゲーマーのためのスマートフォン」の開発に乗り出した。過去にソニーやノキアなどが失敗したゲーム用スマホという“夢”は、今度こそ日の目を見ることができるのか?

TEXT BY DAVID PIERCE

TRANSLATION BY WIRED.jp_A

WIRED(US)

yves-andy

産業デザイナーのイヴ・ベアール(写真左)と、WonderのCEOアンディー・クラインマン(右)。PHOTOGRAPH COURTESY OF WONDER

スタートアップ企業Wonderの最高経営責任者(CEO)、アンディー・クラインマン。彼は有名な産業デザイナーであるイヴ・ベアールの手を借りるため、一本の電話をかけた。

電話をもらい、べアールは警告した。「これがどれだけ大変なことかわかっていないだろう」と。続けてべアールはクラインマンに、1年後に計画のすべてが行き詰ったときに、自分が忠告したことを覚えておくよう伝えた。

クラインマンにとっては、望むところだった。クラインマンには壮大なアイデアがあったのだ。「ゲーマーのためのスマートフォンをつくる」というアイデアが。

ゲーマーが「自分たちの仲間だ」と思えるブランドを

クラインマンは、自分のターゲットのことををよく理解していた。彼らの好きなものは音楽と映画。そしていつどこにいようと、お気に入りのアスリートやユーチューバー、そしてゲームに、あふれんばかりの愛情を注いでいる。

ディズニーやZyngaといった企業でソフトウェア分野の幹部だったクラインマンは、過去10年以上にわたってそういった人たちのためのプロダクトをつくり続けてきた(彼自身もそんな人たちのひとりでもある)。そして彼は、iPhoneやGalaxyといった似たり寄ったりなスマホに飽き飽きしている人間が、自分以外にもいると確信していた。

アンディー・ルービンはそんな不満をもつ人々をみつけ、先端的な若者を取り込むためのデヴァイスメーカー「Essential」を立ち上げた[日本語版記事]。そしてクラインマンは、ギークたちのためにWonderをつくった。

これまでにWonderは、さまざまな投資家から計1,400万ドル(約15.5億円)を調達した。投資家の一部は、Greycroft PartnersやTCLといった、シリコンヴァレーの著名なヴェンチャーキャピタルだ。

だが実は、同社のバックにはもっと“大物”がついている。歌手のシャキーラや俳優のケヴィン・スペイシー、サッカー選手のネイマール、さらにアタリ創業者のノーラン・ブッシュネルや元セガCEOの中山隼雄といった人物だ。Wonderにはファンや支持者が必要であり、同社のサポーターたちは大きな名声をもっている。

「Wonderにとって最大の課題は、ゲーマーたちが『自分たちの仲間だ』と思えるようなブランドを築き上げることです」と、Wonderの初期投資家であり、長年マーケティング関連企業の幹部だったエマニュエル・スージュは言う。「うまくやれば、ゲーマーたちは大いにブランドを歓迎してくれるでしょう。さらに、製品はブランドの改良にも一役買ってくれます」

とはいえ、そのバランスは難しい。ゲーマーたちは彼らのコミュニティーを成長させてくれるブランドに対しては優しいが、不信感にも非常に敏感なのだ。

PHOTO COURTESY OF WONDER

「イーロン・マスク的」なコミュニティーづくり

Wonderがプロダクトを発表するはるか前、まだ企業の全容すら明かしていなかったころ、同社は「Alpha」という謎のプログラムへの新規登録受付を開始し、数千人が登録した。そんなアーリーユーザーたちはいま、フォーラム内でテレビやゲームといった共通の話題で盛り上がっている。

クラインマンのこのアプローチは、イーロン・マスクにならったものだ。マスクは、まだ誰もテスラのクルマを所有していない時代に、テスラ所有者のためのフォーラムを開いていた。

「コミュニティーがプロダクトに積極的にかかわっていることが大事なのです」と、クラインマンは言う。「そうすれば、わたしたちは彼らに欲しいものを提供し、フィードバックをもらい、さらにプロダクトを改良し続けることができます」

クラインマンの最終目標は、特定のユーザーのために新しい巨大テックブランドを築くことだ。彼のチームは、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)用のハードウェアやタブレット端末、ウェアラブルといったあらゆるものの開発を考えている。

ただし、いま大事なのはスマートフォンを成功させることだ。

「ゲーマー向けスマホ」が失敗してきた理由

これまでも「ゲーマーのためのスマホ」は何度もつくられてきたが、そのすべてが失敗に終わっている。Sonyの「Xperia PLAY」は興奮とともに迎えられ、失敗で幕を閉じた。ノキアの「N-Gage」も同じだ。

最近では、PGSが素晴らしいゲームコントローラーつきのハイエンドスマートフォンをKickstarterで発表し、巨額の資金を集めた。そして彼らは資金調達後すぐに、自分たちが約束したデヴィアスは実現不可能だということをに気がついた。

成功のために、クラインマンたちはこの数々の失敗から学ぶ必要がある。まずひとつは、おもちゃのような見た目のスマホはつくるな、という教訓だ。「会社に持っていけるようなデザインでなければなりません」とクラインマンは言う。

何でもひとつのデヴァイスに詰め込む代わりに、Wonderは「任天堂的」な考え方をしている。スマホを周辺アクセサリーのエコシステムの中心に据えるのだ。ゲームに使う周辺機器はすべて取り外すことができ、スマホはスマホらしい見た目をしている。ただちょっと大きくて、オーバークロックされていて、点滅ライトが多いスマホだ。

プレイできるゲームがなければ意味がない

Wonderにとっての最大の課題は、ハードウェアそのものではない。これまでに登場したスマホ+ゲーム機の“キメラデヴァイス”は、デザインのせいというよりは遊べるゲームの少なさゆえに失敗した。モバイルゲームはタッチスクリーンのためにつくられており、コントローラーは必要ない。一方、ゲームコンソールのゲームはPlayStation 4のようなスーパーコンピューターのためにつくられているのであって、携帯向きではないのだ。

クラインマンたちにゲームスタジオをつくる気はない。しかし、彼らはWonderのデヴァイス専用のゲームを開発すべく、ゲームスタジオとの協力を進めている。

さらに、世の中には昔ながらのゲームがたくさんある。ゲーム機のカセットや、アプリ化されたゲームの非正規流通について詳しい人なら、誰でもプレイできる。Wonderが、それらをもっと簡単にプレイできるようにしたらどうか? さらに、Wonderは自分たちのデヴァイスによって、デヴェロッパーがゲームをもっとマネタイズしやすくできるのではないかとも考えている。

彼らをさらに後押ししているのは、みんなが大好きな「Nintendo Switch」に対応したゲーム「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」がモバイルプロセッサー上でも動作するという事実だ。もしかすると、ハイエンドモバイルゲーミングの時代が来ているのかもしれない。

Wonderは、ハードウェアやゲーム、音楽、映画、ワイヤレスサーヴィスをすべてひとつのパッケージにまとめ、たとえば月100ドル程度で提供することも計画している。詳細はまだ検討中だが、クラインマンはすべてのWonderユーザーが同じコンテンツにアクセスでき、一緒にゲームをプレイし、最新のギアを使えるようにしたいと考えている。

スマホを改良するのはゲーマーたち

「もしWonderが成功したら」というストーリーは魅力的だ。しかし、Wonderはまだ成功したわけではない。まだローンチすらしていないのだ。

冒頭の会話から1年経ち、クラインマンとベアールは、ポリカーボネートでできた試作品の山をチェックしていた。ベアールはプロトタイプのひとつを水平になるよう持ち、親指を特大のベゼルの上に置いた。「結局ヴィンテージっぽい見た目になった気がするな」

あるプロトタイプは、トップとボトムがかすかに曲がっており、台形のような形をしている。「面白いアイデアなんだけど」とベアールは言う。「うまくいかなかったね」

ベアールとクラインマンは、それぞれのプロトタイプでスマホとコンソールのバランスをとろうとしていた。Essentialやサムスンに対抗できるよう、ベゼルなしのスマホもつくってみたが、ゲーマーにはスクリーンを隠さずに指を置ける場所が必要だということが判明した。「変化を追及しているんです」とクラインマンはいった。

彼はスマホの厚さ0.2mmの違いについて、中国で3時間議論したときのことを話してくれた。途中、ベアールがクラインマンにマットな画面保護シートが貼られたiPhoneを手わたして会話をさえぎった。クラインマンに、Wonderのスマホをマットにするというアイデアを売り込むためだ。

Wonderはベアールがデザインする初のスマホとなる。そのため、彼はあらゆることを試してみたいと思っているようだ。

いまのところWonderは、スマホを2018年初頭にローンチすることを予定している。クラインマンたちは最終デザインを確定させ、最初の試作機をテストし、普通のスマホをオーヴァークロックされたゲーミング&エンターテインメント用デヴァイスに変える「Wonder Mode」のソフトウェアデザインの仕上げに取り掛かっているところだ。

準備が整えば、彼は2年前の会社設立以来ずっと胸に抱えていた夢を実現させることができる。ゲーマーたちに、彼らのためだけにつくられたスマートフォンを渡し、改良のアイデアをもらうのだ。クラインマンがゲーマーたちについて何かひとつ言えることがあるとすれば、「彼らが何かしらのアイデアをもっている」ということだ。






コメントを残す