発売30周年どうしの異色コラボ!『ポテトチップス 岩下の新生姜味』はあの食べ物の表面の味がする…

Home » 媒体 » おためし新商品ナビ  » 発売30周年どうしの異色コラボ!『ポテトチップス 岩下の新生姜味』はあの食べ物の表面の味がする…
おためし新商品ナビ  コメントはまだありません



未だジャガイモ不足で揺れるポテチ業界に『ポテトチップス 岩下の新生姜味』が新登場! 「わさビーフ」でおなじみの山芳製菓とあの大ヒットごはんの供がコラボレーションしたポテチだが、生姜風味っておいしいの!? 実際に食べて確かめてみた。
■あの「岩下の新生姜」がポテトチップスになった!
山芳製菓が製造・販売する『ポテトチップス 岩下の新生姜味』(48g・希望小売価格 税抜130円・2017年5月23日発売)は、その名前もパッケージも岩下食品株式会社の30年前から愛され続ける生姜の酢漬商品「岩下の新生姜」とのコラボレーション商品だとすぐにわかる。この商品が生まれたのは「わさビーフ(R)」「岩下の新生姜」ともに1987年発売で30周年を迎えることがきっかけだ。ちなみに、相互コラボレーション商品として「岩下の新生姜 わさビーフ味」も発売中というから驚き。

「岩下の新生姜」といえば、商品よりもCMソングが先に浮かんでしまう人もいると思うが、ごはんの供であり酒のあてであり、東日本の家庭では食卓にものすごく馴染んでいる生姜の酢漬けである。近年は、本社のある栃木に新生姜ミュージアムを設立したり、独特の形のペンライトを発売したり、秋葉原に常設ショップをつくったりと商品以外に注目が集まることが多い。しかし実は、「岩下の新生姜」は台湾でしか採れない「本島姜(ペンタオ ジャン)」という貴重な生姜を使用していたり、収穫したその日のうちに低塩で漬け込み、冷蔵管理することでみずみずしく柔らかい食感を保っていたり、並々ならぬこだわりを持ってつくられている。






コメントを残す