累計1700万個を売り上げる大人気フェイクグルメシリーズ最新作は『ほぼカキフライ』。どこまで近づいた!?

Home » 媒体 » おためし新商品ナビ  » 累計1700万個を売り上げる大人気フェイクグルメシリーズ最新作は『ほぼカキフライ』。どこまで近づいた!?
おためし新商品ナビ  コメントはまだありません



まるで本物のような味や食感を再現した練り物製品が、カネテツの“ほぼ”シリーズ。その第4弾となる『ほぼカキフライ』は、家庭での調理が難しく、しかも惣菜や外食では少し高価なカキフライを手軽に楽しめる商品として開発された。はたして、その食感はどれほどカキフライに近づけられているのだろうか。実際に食べてレポートしよう。

■カキかと言われると微妙だが、味は努力の成果が見られるか…
熱々のカキフライにレモンとタルタルソースで、ハフハフ言いながら食べる。まさに至福の時間だろう。しかし、カキ自体は馴染みのある食材ながら、旬のシーズンもあるし、少し贅沢な食材なのも事実。そんな諸兄に朗報だ。カネテツデリカフーズ株式会社(本社:兵庫県神戸市)から、カキフライそっくりな味と食感を再現した練り物製品『ほぼカキフライ』(1パック5個入り・参考価格 税抜275円・2017年9月1日発売)が登場した。

同社の“ほぼ”シリーズは、2014年3月に発売された『ほぼカニ』、『ほぼホタテ』、『ほぼエビフライ』に続く4作目となる。この“ほぼ”シリーズは累計で1700万個を売り上げる大ヒット商品で、否が応でもこの「ほぼカキフライ」にも期待が高まる。

成分を見て分かるように、カキ(牡蠣)要素はゼロ。風味づけでも牡蠣パウダー的なものを使ってもいいだろうに、それをしないのがカネテツのプライドなのだろう。メインの原材料は、なんと豆腐。そして魚肉、なたね油、ひらたけ水煮と続く。






コメントを残す