志望動機における”三種の神器”

Home » 媒体 » ガジェット通信  » 志望動機における”三種の神器”
ガジェット通信  コメントはまだありません



どうも、就活アドバイザー芸人の森川 剛です!

芸人をしながら、就活エージェントでキャリアカウンセラーをやっております。

今回は僕が思う、志望動機における三種の神器について書こうと思います!

■志望動機とは

皆さんも、新卒時の就職活動や転職の面接で聞かれたことがあると思います。
自分で見つけた企業さんなら作りやすいでしょうが、
ましてや、僕のいるような就活エージェントさんで
求人を紹介してもらった人などは特に作りにくいと思います。

そもそも本音を言えば、
“そっちが紹介してきたんだから、急に言われても作れないよ!!”

となりますよね。

しかし、面接では聞かれる可能性があるので
しっかりと対策をしておきましょう。

簡単に言うと、志望動機はPRチャンスです。
ここで、他の人と差をつけることができます。

では早速、解説していきます。

■志望動機の構成

基本的に志望動機は
・自分へのメリット
・事業への共感
・企業のメリット

この上記3つで構成すると良いと思ってます。

■自分へのメリット

当然ながら、自分へのメリットがないと志望しないと思うので
これは必要ですね。成長スピードが早い、若いうちから多くの裁量を持たせてもらえる、などたくさんあると思います。
皆さんも【自分へのメリット】は言えると思います。

自分のキャリアにとってメリットがあるから、志望してる。
ここは忘れずにしっかりと言いましょう。

■・事業への共感

これも割と言えるはずです、
事業そのものでなくても、説明会の時に話を聞いて~だとか
自分にはこの経験があって~とか
自らのバックグラウンドから持ってくると作りやすいです。






コメントを残す