【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2017/1/13号:未体験ゾーン2018『ザ・ヴォイド』『ラディウス』『ミッシング・チャイルド 』ほか

Home » 媒体 » ガジェット通信  » 【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2017/1/13号:未体験ゾーン2018『ザ・ヴォイド』『ラディウス』『ミッシング・チャイルド 』ほか
ガジェット通信  コメントはまだありません



ホラー通信がセレクトする今週公開の映画をご紹介します。今週も特集上映『未体験ゾーンの映画たち2018』から作品がドドンと公開されます。

アストロン6をご存知でしょうか? 総製作費8万円と謳われる(実はもうちょっとかかってるらしい)愛すべきDIY系SFアクション『マンボーグ』と、トロマ・エンターテインメントのもとで制作した、父親殺人鬼ファックマンへの壮絶な復讐を描くトンデモバイオレンスアクション『ファーザーズ・デイ/野獣のはらわた』が2013年にダブルで日本公開され、ジャンル映画ファンの口をあんぐりさせたカナダの5人組映像集団です(名前は6でも5人組!)。そんなアストロン6のなかでもひときわ人の良さそうなメンバー二人(ジェレミー・ギレスピー、スティーヴン・コスタンスキ)が手掛けたSFホラーの大注目作『ザ・ヴォイド』が『未体験ゾーン2018』でついに日本上陸! 二人とも『パシフィック・リム』などのメジャー作品にクリエイターで参加する実力派。『ザ・ヴォイド』にはマンボーグ役でおなじみのアストロン6メンバー、マシュー・ケネディも出演しております! 『ザ・ヴォイド』が気になったら是非ともアストロン6の名前も覚えて帰ってね!!

そして、このほかホラー通信でご紹介し反響の大きかった半径15メートル以内即死スリラー『(r)adius ラディウス』、映画批評サイトRotten Tomatoesで脅威の批評家満足度100%を記録した『ミッシング・チャイルド ~呪いの十字架~』、人気バンド・スリップノットのショーン・クラハンが監督を務めた、邦題も最高な過激バイオレンスアクション『アンデッド刑事<デカ>  野獣捜査線』、『デッドプール』のネガソニック役が記憶に新しいブリアナ・ヒルデブラントがSNS人気のために人を殺しまくる女子高生を演じる『トラジティ・ガールズ』など、粒揃いの映画が続々公開。






コメントを残す