東京ディズニーランドの年間パスポートが3月より利用条件変更 使用不可日を設定し料金は値下げへ

Home » 媒体 » ガジェット通信  » 東京ディズニーランドの年間パスポートが3月より利用条件変更 使用不可日を設定し料金は値下げへ
ガジェット通信  コメントはまだありません



オリエンタルランドは、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーの年間パスポートについて、特定の混雑予想日には使用を不可とするなど、利用条件の変更を発表しました。適用は2018年3月1日(木)より。これに伴い、年間パスポートのチケット料金の変更もアナウンスされています。

■年間パスポートの利用条件を変更

2018年3月1日以降に販売される年間パスポートは、「年間パスポート使用不可日および特別営業時間を除き、ご利用開始日から1年間、対象のパークにご入園いただけます」と、“年間パスポート使用不可日”の条件を新たに追加。さらに、入園制限中のパークでも年間パスポートを利用することができなくなります(2018年2月28日以前に販売された年間パスポートは入園制限中でも利用可)。

現在のところ発表されている“年間パスポート使用不可日”は以下の通り。

2018年
8月12・13・14日
10月6・7・8日
11月23・24日
12月8・9・29・30日

2019年
3月28・29・30・31日
8月12・13・14日

2019年の9月、10月、11月については、2018年7月に発表予定。また、年間パスポート使用不可日は、1月、4月、7月、10月の月初めに、年間パスポート販売窓口および東京ディズニーリゾートのオフィシャルウェブサイトで3か月分を通知するとしています。

■年間パスポートの料金改定

2018年3月1日に実施される料金改定では、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーの年間パスポート料金がいずれのカテゴリも一律で2000円OFFに。両パークに入園できる年間パスポートについては、4000円OFFが適用されます。






コメントを残す