テレビシリーズ『ブレイキング・バッド』、ヴィンス・ギリガンがVRプロジェクトを進行中

Home » 媒体 » ガジェット通信  » テレビシリーズ『ブレイキング・バッド』、ヴィンス・ギリガンがVRプロジェクトを進行中
ガジェット通信  コメントはまだありません



ウォルター・ホワイトの物語は、まだまだ終わっていないのかもしれない。

人気テレビシリーズ『ブレイキング・バッド』のクリエイター であるヴィンス・ギリガンが、米ソニー・インタラクティブエンタテインメントのプレイステーション部門とチームを組み、同ドラマのゲームではないVR(ヴァ―チャルリアリティ)体験ができるプロジェクトを進行中だ。

同プロジェクトの詳細は現時点では明らかにされていない。米ソニーは、誰がクリエイターとして関わっているか、また、複数のエピソード企画なのか1回限りのものなのか、期間が決まっているのか(今年中にリリースされないことだけは分かっている)を明かしていない。同プロジェクトは初期段階だが、ギリガンはVRでストーリーを語ることを強く望んでいるようだ。

米ソニー・インタラクティブエンタテインメントのビデオゲーム部門グローバル・チーフ・エグゼクティブを務めるアンドリュー・ハウスは、「私たちはスタジオ内のキャンパスで、これから仕事を共にする米ソニー・ピクチャーズ・テレビジョンが誇るデイヴィッド・ショアのドラマシリーズ『ブラック・リスト』や、ロナルド・D・ムーアによるドラマシリーズ『バトルスター・ギャラクティカ』を生み出した7名の最高のショーランナー(番組総責任者)との時間を持った」と語り、「彼らはVRコンテンツをプレイした。彼らのうち何人かが興味を持ち、ヴィンス(ギリガン)が『ぜひVRを使って何かしてみたい。






コメントを残す