“赤い糸”の存在を信じる? アニメ『恋と嘘』逢坂良太&花澤香菜インタビュー

Home » 媒体 » ガジェット通信  » “赤い糸”の存在を信じる? アニメ『恋と嘘』逢坂良太&花澤香菜インタビュー
ガジェット通信  コメントはまだありません



超・少子化対策基本法(ゆかり法)によって満16歳以上の少年少女は自由恋愛が禁止となり、国が決めた相手と結婚しなければならない社会で、初恋の相手・高崎美咲と許嫁の真田莉々奈と間で心が揺れ動くごく普通の少年・根島由佳吏の恋愛を描いたムサヲさん原作の『恋と嘘』。2017年7月からはTOKYO MXなどでアニメの放送もスタートしています。

どこか切なく、緊張感のある恋愛模様が展開される『恋と嘘』ですが、今回由佳吏役の逢坂良太さんと、美咲役の花澤香菜さんのWインタビューを敢行。物語の見どころやそれぞれのキャラクターの魅力について語って頂きました。

--『恋と嘘』は“ゆかり法”という法律によって政府が結婚相手を決めるという世界の物語ですが、まず原作や脚本をお読みになったときのファーストインプレッションからお聞かせいただければと思います。

花澤香菜さん(以下、花澤):この法律は設定として「新しいな」というか、「こういうものを開発したんだ!?」と思って、そこにも惹かれるし、その上で恋愛をするって、これからすごく切ない展開になっていくんだろうなというのは予感しています。あとは高校生ならではというか、初々しさもあるんですけど、思い切りのよさもあって。美咲ちゃんの行動とか台詞とか、いろいろドキドキするんですよね。

逢坂良太さん(以下、逢坂):すごく独特なんだけれども、現実にあってもおかしくないような設定ですね。高校生に既に結婚相手がいて、その中で三角関係になりつつ、どういうふうに立ち回っていくのかというストーリーになっています。






コメントを残す