八坂沙織・小林亜実・舞川みやこが伝える演劇とは⁉ 舞台『バックイン・ミレニアム』で役者が見せた「舞台袖」をピックアップ!

Home » 媒体 » ガジェット通信  » 八坂沙織・小林亜実・舞川みやこが伝える演劇とは⁉ 舞台『バックイン・ミレニアム』で役者が見せた「舞台袖」をピックアップ!
ガジェット通信  コメントはまだありません



2017年8月10日(木)東京・新宿村LIVEにて、舞台『バックイン・ミレニアム』ゲネプロ公演が開催された。本作の主演を務めるのはSUPER☆GiRLS初代メンバーの八坂沙織をはじめ、小林亜実岩田華怜、舞川みやこなど、総勢36名の女優たち。普段は見ることができない舞台袖のやり取りを通して、見る人へどのような感動を届けてくれるのか。主演の八坂沙織、小林亜実、そして初のシングルキャストを務める舞川みやこのコメントを交えてゲネプロ模様を紹介する。

開幕すると同時に、舞台の上でもストーリーがはじまる。言葉だけを聞くと意味が分からないかもしれないが、幕が上がると目の前には登場人物たちが舞台の袖でトラブルに見舞われている様子だった。そう、今回は舞台袖の登場人物たちのやり取りが物語になっている。普段から舞台を観劇する人のなかには、舞台袖の様子が気になっていた人もいたかもしれない。自分の出番になって舞台に登場するまで、役者たちはどんなことをしているのか。本作は舞台で繰り広げる物語を見るのではなく、舞台袖で自分の出番を待っている役者たちの光景を観劇する内容だ。舞台役者にとっては当たり前のことかもしれないが、観客の目にはどのように映るのか。そうこう考えているうちに、早くも波乱万丈な展開になる予感がしていた。

劇場に轟く効果音、何かを導くように放たれる天井ライトの光線。次の瞬間、劇場の照明が落ち、視界が闇に覆われた。






コメントを残す