ヤマハ、Dolby Atmos/DTS:X対応のデュアル7.1chネットワークAVアンプ

Home » デジタル家電 » ヤマハ、Dolby Atmos/DTS:X対応のデュアル7.1chネットワークAVアンプ
デジタル家電, 価格.com, 新製品 コメントはまだありません




ヤマハ、Dolby Atmos/DTS:X対応のデュアル7.1chネットワークAVアンプ

2017年6月7日 16:45掲載

ヤマハは、Dolby AtmosおよびDTS:X、HDR/4K映像伝送、ハイレゾ再生に対応した、デュアル7.1chネットワークAVアンプ「RX-A870」を7月下旬より、「RX-A770」を6月下旬より発売すると発表した。

いずれも、Dolby AtmosとDTS:Xという2つの3次元サラウンドフォーマット、DSD5.6MHz、AIFF/WAV/FLAC 192kHz/24bit、Apple Lossless 96kHz/24bitのハイレゾ再生、Ultra HD Blu-rayに採用されたHDR10に加えて、Dolby VisionやHybrid Log-GammaなどのHDR映像伝送にも対応した、「AVENTAGE」シリーズのデュアル7.1chネットワークAVアンプ。

独自の振動吸収構造を採用した新開発アンチレゾナンスレッグやフルディスクリート構成7ch低歪パワーアンプ、ローム社との共同開発によるヤマハオリジナルの高精度ボリューム素子、グラウンド周辺の相互干渉を排除するD.O.P.G.(DAC on Pure Ground)コンセプトなど、「AVENTAGE」基準で音質最優先に設計した点が特徴だ。

また、入力信号に応じて、フロントプレゼンス/サラウンドバックスピーカーが自動的に切り替わる独自のデュアル7.1chシステムや、室内の音響特性を本質的に改善するマルチポイント計測対応YPAO-R.S.C.などにより、リアルかつ多彩な空間表現力を追求したという。

上位モデル「RX-A870」は専用の音質チューニングを実施したほか、入力8系統/出力2系統のHDMI端子や7.1chプリアウト端子、アルミ製前面カバー付きフロントパネルなどを装備する。

「RX-A870」の定格出力は20Hz-20kHz/2ch駆動が100W/ch(6Ω、0.06%THD)、1kHz/1ch駆動が130W/ch(6Ω、0.9%THD)。実用最大出力は1kHz/1ch駆動が160W/ch(6Ω、10%THD)。本体サイズは435(幅)×171(高さ)×382(奥行)mm、重量は10.5kg。ボディカラーは、チタン。価格は110,000円(税別)。

「RX-A770」の定格出力は20Hz-20kHz/2ch駆動が95W/ch(6Ω、0.06%THD)、1kHz/1ch駆動が130W/ch(6Ω、0.9%THD)。実用最大出力は1kHz/1ch駆動が160W/ch(6Ω、10%THD)本体サイズは435(幅)×171(高さ)×380(奥行)mm、重量は10.5kg。ボディカラーはチタン、ブラック。価格は88,000円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!




関連コンテンツ

AVアンプ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト




コメントを残す