木村文子は100m障害準決敗退も「幸せだった」 – 日刊スポーツ

Home » 家電量販店 » エディオン » 木村文子は100m障害準決敗退も「幸せだった」 – 日刊スポーツ
エディオン, 家電量販店 コメントはまだありません




女子100メートル障害準決勝2組、13秒29で8着に終わり、大型ビジョンを見つめる木村(撮影・河野匠)
女子100メートル障害準決勝2組、13秒29で8着に終わり、大型ビジョンを見つめる木村(撮影・河野匠)
  • 女子100メートル障害準決勝2組、13秒29で8着に終わった木村(撮影・河野匠)
  • 女子100メートル障害準決勝2組、13秒29で8着に終わった木村(撮影・河野匠)

<陸上:世界選手権>◇11日◇ロンドン◇女子100メートル障害準決勝




 日本勢として初めて女子100メートル障害準決勝に臨んだ木村文子(エディオン)は13秒29の2組8着で敗退した。

 木村の話 レース前はもっと緊張するかなと思ったけど幸せだった。スタートでどれだけついていけるかにフォーカスして走った。そこからの加速、維持して最後までというのは自分がまだできていない。



コメントを残す